正月太りのダイエットには、この食事がいい!!

illust1308

スポンサードリンク

お正月は、何かと、たくさん食べてしまう

おせち、餅、新年会、親戚中集まっての食事など、
正月は、たくさん食べる機会が多いですね。
たくさん食べれば、当然、太ります。
毎年、正月太りされる方が、多いです。

3つのダイエット

今回の正月は
これから紹介する3つのダイエット法が、
正月太りを防いでくれます。


1、視覚イメージ法

潜在意識にはたらきかける方法です。

自分が理想だと思う体型の人の全身写真を用意します。
その人の顔の所に自分の顔を張ります。
それを手帳か何かに張って、
事ある度に見る。

「何、それ?」と思うような方法ですが
意外に効果があります。

潜在意識が、あなたをこの体型に近づけてくれます。

様々な食事法の中で・・・

こんにゃくダイエット、炭水化物ダイエット
夜食べないダイエット、朝食べないダイエット
バナナダイエット
など
世の中にはいろいろなダイエット食事法があります。

しかし、せっかくの正月ですから、
思いっきり飲んだり、食べたりしたいですよね。

そこで今回は数あるダイエットの中で、
思いっきり飲んだり、食べたりしても
いいダイエットです。


2、朝起きたら、まず、白湯を飲む。

朝、白湯を飲むと基礎代謝
上ることができます。
基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、
生命活動を維持するために
必要なエネルギーのことです。

基礎代謝があがると
じっとしていても、エネルギーを消費するので、
何もせずとも、ダイエットになるのです。

スポンサードリンク


3、食事の前に梅干しを食べる。

できれば、電子レンジなどでいったん加熱したもの。
images
梅の中に含まれるバニリンという成分が
肥満を予防します。
このバニリンは、梅干しだけに含まれる成分で、
その他の食材から摂取することができません。

梅干しに含まれるバニリンは、
小腸で吸収され脂肪細胞を刺激し、
その刺激によって脂肪が燃焼し小さくなります。
脂肪が小さくなると、体重は減少します。

その梅干しを、なぜ加熱するといいかと言うと、
もともと常温の梅干しの中には、
脂肪燃焼効果のあるバニリンの他に、
バニリンとよく似たバニリングコシドという
成分が含まれています。

このバニリングコシドという成分には
脂肪燃焼効果がありません。

しかし、梅干しに含まれるバニリングルコシドを加熱すると、
分裂してバニリンに変化することが分かってきました。

ですから、梅干しを加熱することで、
バニリンが増加し
脂肪燃焼効果が大きくなります。

1分間の電子レンジの加熱で十分な効果があります。

以上
3つのダイエット方法
紹介しました。

3つやるのが理想ですが、1つでも2つでも
実行されれば、目にみえる効果を
実感してもらえます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です