喪中の新年の挨拶はどうする?

osenkou

大事な友人から、
喪中を知らせるはがきが届いた。
常識として、年賀状は出せないけど、
年賀状に代わる新年の挨拶状を出したい。
どうすればいいの?

スポンサードリンク

喪中とは?

まず、喪中ということを
正しく理解しておきましょう.
正しく理解するには、喪中の起源と現在の状況をよく知る
ことが大事です。

喪中とは、
喪に服している間ということです。

というのは、
辞書で調べると
『死んだ人の近親者が、一定期間、
家にこもったり祝い事や交際をさけたりすること』

とあります。


起源に関しては、儒教からきたものや
神道の忌中からきたなど諸説あります。
(ちなみ忌中喪中の違いは
忌中日本神道でいわれるもので、死後49日間
喪中特定の宗教でいわれるものでなく日本の風習
死後1年間といわれています。)


喪中は日本だけの習慣?

この喪中
日本では、うるさく言われますが
欧米などでは、
こういう風習はありません。


なぜ日本に根付いているかといいますと
法律があったからです。

「生類憐みの令」で有名な
徳川5代将軍家綱
服忌令(ぶっきりょう)といって、
近親者が亡くなった時にに服するように
法律で定めたのです。


さらに明治になって
太政官布告としてに服する期日
事細かに決めたのです。


例えば以下のようなものです。
父母は、 忌中50日・喪中13ヶ月。
養父母は、忌中30日・喪中150日。
夫は、忌中30日・喪中13ヶ月。
妻は、 忌中20日・喪中90日。


昭和22年に、この法律は廃止されました
風習として日本には根深く残っています。

スポンサードリンク

520356_l

そこで
喪中の場合は
11月下旬までに喪中であることを知らせる
ハガキを書いて
年賀状のやり取りはしません。


挨拶は、寒中見舞いで

新年の挨拶をしたいときは
寒中見舞いを出すのが一般的です。

文例としては、以下のようなものです。
『寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させて頂きましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私どもは元気に過ごしております。
ご家族がひとり欠けたこの冬は、
寒さもひとしおと存じます。
世間では流感が猛威をふるっておりますが、
くれぐれもご自愛くださいますよう念じ申し上げます。』

hagaki

『寒中お伺い申し上げます

ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させて頂きました。
○○さんがご逝去なさって数ヶ月、ご一家の皆様には、
お寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。
○○さんにはお世話になりながら、
お返しもできないままお別れすることになってしまいました。
今はご冥福をお祈りするばかりでございます。
厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください。』

寒中見舞いを出す時期は?

寒中見舞いを出す時期は以下のように
いわれています。

寒中とは小寒と大寒にあたる期間を
指しています。

この期間に送る挨拶状
寒中見舞いと呼びます。

そのため、送る時期は、
松の内が明けてから
大寒の最後の日である節分までです。

松の内が明けるのは
1月7日ですから、
寒中見舞いを送る場合は
1月8日から2月4日頃までに
相手に届くように出せばいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です