七草粥の由来と意味は?

l_04

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年の正月は七草粥に挑戦してみたいけど、
そもそも七草粥の由来は?意味は?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサードリンク

七草粥を1月7日に食べる由来

1月7日人日(じんじつ)の節句といい、
五節句(五つの季節の変わり目の日、1/7,3/3,5/5
7/7,9/9のこと)の1つです。

この1月7日の朝に7種類の野菜を入れたを食べることは、
古くから行われていました。

もとは中国の人日の風習で、
この日、7種類の野菜熱い吸い物を食べて、
無病を、祈ったのが、日本に伝えられたものです。

この日を、人日と呼ぶのは、
正月(1月)の
1日を鶏の日、
2日を狗の日、
3日を猪の日、
4日を羊の日、
5日を牛の日、
6日を馬の日
として、
それぞれの動物を殺さないこととし
7日人日として、
刑罰を加えない日としたことによります。

worker_a23

一家の主人が調理?

もともとのならわしは、
7日の早朝、あらかじめ用意していた7種類の野菜を、
一家の主人がまな板の上で、
トントンと、大きな音をたてながら刻みます。
その時に
「七草なずな、唐土の鳥が、日本の国に渡らぬ先に
七草たたく、すとんとんすとんとん」
と唱えたと
いいます。
(地方によって、となえる文句は違います。)
その刻んだ七草をつくりました。

スポンサードリンク

春の七草とは?

春の七草とは、芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、
繁縷(はこべら)、仏座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)です。

これらの意味、効能
芹(せり)=「競り勝つ」
解熱効果胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
食欲増進、血圧降下作用
など、様々な効果があります。

利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、
胃腸障害むくみにも効果があるとされています。

のどの痛みもやわらげてくれます。

昔から腹痛薬として用いられており、胃炎効果があります。
歯槽膿漏(しそうのうろう)にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

胃腸を整え、消化を促進します。
しもやけやそばかすにも効果があります。

風邪予防美肌効果に優れています。
七草粥には、菘と蘿蔔葉の部分を、花芽を持つ前の若芽を利用します。

nanakusa

古人はこれらの野菜を入れたを食べて、
無病息災を祈りました。また、
七草粥を入れることもあります。

昔は6日に野菜を摘んでおき、7日の朝に食べました。

今日では、薺(なずな)ペンペン草、御形(ごぎょう)母子草(ははこぐさ)、
繁縷(はこべら)ははこべ、仏座(ほとけのざ)コオニタビラコ
菘(すずな)はかぶ、蘿蔔(すずしろ)大根とされているようです。

近年では、スーパーマーケットコンビニでも七草セットが、売られています。

七草粥の材料簡単に手に入るようになったことと、
正月にご馳走ぜめになった胃腸を整えるためか、
一時はあまり行われなかった七草の行事が、再び盛んになってきました。

七草粥を食べたことのない方は、今年は食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です