雪の日に車のワイパーを立てるのはなぜ?

2011%e5%b9%b412%e6%9c%8827%e6%97%a5%e5%af%92%e6%b2%b3%e6%b1%9f%e6%9c%9d%e3%81%ae%e9%9b%aa%e3%81%ab%e8%a6%86%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%e8%bb%8a ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

雪の日になると、
みんな車のワイパーを
立てているけど、
何のため?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スポンサードリンク

雪の日にワイパーを立てる理由は3つ?

雪の日ワイパーを立てるのには
3つの理由があります。

1、ワイパーとガラス面が凍りついて、
  ワイパーのゴム部分劣化や破損を防ぐ為。

2、雪の重さでワイパーや
  駆動部の湾曲や破損を防ぐ為。

3、雪かきをすぐにできるようにする為。


ワイパーとガラス面が凍り付くと大変

冬の寒い日に、
ワイパーを立てておかないと
ワイパーガラス面
凍りついてしまします。

凍りついた所に雪の重み
ワイパーが下がろうとするので
ワイパーのゴムが伸びてしまいます。

このワイパー
解凍している時間がないといって、
無理に、はがそうとすると
ワイパーのゴムが切れたり
フロントガラスを傷つけたりします。

さらに凍ったままで
ワイパーを駆動させようとすると
根本の軸を回すための
リンク機構が壊れてしまうこともあります。

ワイパーには、雪の重みがかかる?

が多く積もる地域では、
ワイパーに雪の重みがかかり
ワイパーにゆがみが生じることがあります。

あんな細い棒に
重みはかからないだろうと
思うかも知れません。

しかし、ワイパーの位置を
考えると
フロントガラスに降り積もった雪を
塞き止める位置にあります。
結構な重みがかかります。
その重みでゆがみが生じます。

ワイパーを立てていた為に
どさっと落ちてきたによって
ワイパーが曲がることもありますが
確立から言えば、立ててない時の被害よりも
圧倒的に少ないです。)

ワイパーを立てていると雪かきが楽?

ワイパーを立てていると
雪かきがしやすいです。

ワイパーを寝かした状態で
雪かきすると
ワイパーがひっかり、
フロントガラスやワイパーを
傷つけてしまう可能性があります。

以上、ワイパーを
立てて置くメリットですが

立てる時に気をつけねばならない
こともあります。

ecdab4468d

スポンサードリンク

ワイパーを立てるデメリット

前述のように固まったがドサッと
おちてくると
折れてしまうことがあります。

また、特に後ろのワイパーなどは
立てていると
歩いている人がぶつかって
折れたり、歩いている人がケガするなど
トラブルの原因にもなり
かねません。

後ろのワイパーは立てていない
という人も多いです。

雪の日以外にも

雪の日以外にも
雨の日暑い日はワイパーを
立てて置くといいと
言われます。

雨の日は
ワイパーとガラスの接地部に
水たまりができることにより、
ワイパーの劣化が早まります。

あまりに暑い日は、
ワイパーのゴムが溶け、
ガラスにくっつくおそれがあります。

ワイパーを上げるひと手間を
忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク

コメント

  1. ピンバック: 雪が降る前に…車のワイパーは上げておいたほうが良いんだって! - あんなことこんなこと

  2. ピンバック: 雪が降る前に…車のワイパーは上げておいたほうが良いんだって! | 女磨きの心得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です