衆議院を解散するのは、なぜ?

gijidou010 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

衆議院を解散するか、どうか。
よく話題になりますが
衆議院を解散するのは、なぜ?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スポンサードリンク

衆議院の解散総選挙とは?

衆議院解散すると
衆議院議員
全員議員でなくなります。

そして、衆議院議員
新たに選挙で選び直します。

これが、解散総選挙です。

どうしたら、衆議院解散になる?

どんな時に
衆議院が解散になるかというと
内閣総理大臣(首相)が
解散すると決めれば
解散となります。

正確には、衆議院を
解散する権限をもつのは
内閣ですが、
その内閣のトップが首相ですから

首相が解散と決めれば、
解散になります。


衆議院解散は国民の意見を聞く為?

なぜ、首相
衆議院の解散をするのかと
言えば
国民の意見を聞くためです。

選挙で、国民の意見を聞く為です。

重要な政策を決める時や
今の政党でいいかを国民に問うのです。

なぜ、首相
国民の意見を聞く為の方法が
衆議院の解散になるのか?

衆議院を解散するより他に
国民の意見を聞く方法が
ないからです。

一部、憲法改正など
国民投票で直接、
政策を聞くこともありますが、
現在の憲法になってからは
そういうことは、1度もありません。

実質、国民の意見を直接聞くのは、
議員選挙しかないのです。

この議員に
衆議院参議院がありますが
解散という制度があるのが
衆議院だけですから

首相国民の意見を聞く為に
衆議院の解散総選挙を行います。

kokkai_touben_shingi

スポンサードリンク

衆議院とは?

では、そもそも衆議院とは
何でしょう?

国会には衆議院参議院があります。
どちらも、国民から選ばれた代表である議員が、
法律の作成したり、国家予算
決めたりします。


どうして国会には
衆議院参議院2つがあるのでしょう?

1つしかないと、
万が一間違った決定をすることがあっても
チェックできないからです。

それぞれが違う立場で、議論をして、
互いにチェックできるように
しているのです。

衆議院参議院の意見が
食い違ってしまったときには、
どうするのか。

法律の案が食い違った場合は、
衆議院で、改めて3分の2以上の議員
賛成すれば法律になるという
仕組みになっています。

予算案の場合は、一定の期間、話し合われ、
それでも決まらないと、
衆議院の意見が通るようになっています。

このように、衆議院参議院では、
衆議院のほうが強い力を持っています。

では、どうして衆議院の方が力があるのか。

国会議員の任期

国会議員任期(議員をつとめる期間)
関係します。

任期は、参議院6年です。
衆議院4年です。

しかも衆議院にだけ解散
があります。

衆議院任期の4年を待たずに
衆議院の解散が行われることは
頻繁にありますから、
まるまる4年、議員をつとめられることは
余りありません。

衆議院議員参議院議員よりも
しょっちゅう選挙で選び直されることになります。

国民選挙で選ぶわけですから、
その時々の国民の意見(世論)をより反映している
のが衆議院と考えられます。

それで、強い力を持つようになっているのです。

解散総選挙の結果は?

選挙の結果
新たに当選した議員の集まる国会で
内閣総理大臣(首相)が指名されます。

ですから、
衆議院を解散することで

国民によって衆議院議員
選ばれ、
その選ばれた衆議院議員によって
内閣総理大臣(首相)が指名されるのです。

総理大臣衆議院だけでなく参議院も含めた
国会で指名されます。ただし、ここでも衆議院
意見が優先されます。)

ここで決められた
総理大臣各大臣(閣僚)を
選び、内閣が形成されます。

この内閣によって
政治が行われます。


どんな時に首相は解散を決めるの?

国会内閣不信任案を議決した時、あるいは
内閣信任案が否決された時です。

どちらも国会内閣を信任できない。
つまり今の内閣はダメだと判断した時です。

こうなったら、
首相は、国会の言うことに従って
内閣総辞職するか、

「国民に聞いてみようじゃないか」
国会(衆議院)を解散するか、

どちらかを選ばねばなりません。

首相総辞職を選ばず、
解散を選べば、この時に
衆議院の解散総選挙が行われます。

上記のような場合でなくても
首相が、解散を判断した場合は
衆議院を解散することができます。

理由は、大きな政策を実行する前に、
国民のお墨付きを得たい場合

今なら選挙に勝てる!と判断した場合など。
です。

この選挙に勝てるというのが
ポイントです。

衆議院の解散
首相が判断する訳ですから
いろいろな理由づけはあるでしょうが、

解散総選挙によって
首相の属する政党有利になる状況と
判断した時に
衆議院の解散は行われることが
多いです。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です