妊婦の食事!!禁止した方がいいものは?

%e7%84%a1%e9%a1%8c

初めての妊娠!!食事にすごく
気を使いますが
妊婦が禁止したほうがいい
食べ物って何でしょう?

スポンサードリンク

妊婦の食生活

妊娠中は、
栄養のバランスの良い食事を
心がけないといけない。
けど、食べ過ぎには注意しなければ!」
など、食事にいろいろ気を
使うようになります。

その中でも、
特に気をつけるのは、
食べてはいけないものでは、
ないでしょうか。

妊娠中禁止した方が
良い食事をまとめました。


控えるべきこと

食事ではありませんが、まず
以下のことは、避けましょう。
喫煙、アルコール、薬剤の使用

喫煙は、流産、早産のリスクを
高め、赤ちゃんの発育を妨げます。
更に、産後、突然死するリスクが
高まるという研究結果もあります。

妊娠中アルコールの摂取は
流産死産
胎児性アルコール症候群
リスクがあると言われます。

胎児性アルコール症候群
なると
低体重、低身長の赤ん坊が
生まれたり、場合によっては
発達障害のリスクもあると
言われます。

薬剤の使用は
奇形の赤ん坊が生まれてくる
リスクがあります。


禁止した方がいい食べ物

%e9%a3%9f%e4%ba%8b

スポンサードリンク

レバー、うなぎは危険?

レバー、うなぎには、
ビタミンAが豊富に含まれています。
このビタミンAを摂取しすぎると
奇形の赤ん坊が生まれてくる
リスクが高まると言われています。


ひじき、昆布はよくない?

ひじき、昆布にはヨード(ヨウ素)
が多く含まれています。

このヨウ素を過剰に取ると、
胎児の甲状腺機能低下
招く可能性があります。

甲状腺機能低下
生まれた赤ん坊が
発達障害を起こすリスクを
高めます。

更に、ひじき
無機ヒ素を多く含み、
奇形の赤ん坊が生まれる
リスクが高いという
研究結果があります。


生肉の危険性は?

生肉には、寄生虫
トキソプラズマがある
可能性があります。

妊婦がこのトキソプラズマ
初感染した場合、
生まれた赤ん坊
「精神発達の遅れ」
「視力障害」
「脳性まひ」
などが
生じる可能があります。


ナチュラルチーズもだめ?

ナチュラルチーズ
(加熱殺菌していないもの)
には「リステリア」
というが含まれています。

妊婦リステリア菌に感染すると、
流産早産のリスクが高まり
赤ん坊の髄膜炎敗血症
を引き起こす可能性が
あります。


コーヒー、紅茶、栄養ドリンクは?

これらには、カフェインが含まれています。
カフェインを過剰に摂取していると
流産のリスクが高まります。

また、カフェインには
「胎児の中枢神経を興奮させる作用」
があので、
子宮内での胎児発育遅延
危険性が高くなるとも
言われています。


大型の魚

クジラ、イルカ、マグロ、キンメダイなどの
大型の魚は、水銀が多く含まれています。

妊婦が、水銀を、過剰に摂取すると
生まれた赤ん坊
脳神経障害を起こすリスクが
高まります。


生卵

卵の殻には「サルモネラ菌」
付着している可能性があります。

サルモネラ菌感染すると、
妊婦食中毒になって
嘔吐下痢を引き起こします。

下痢になると
子宮筋収縮するので
流産につながる可能性が
高まります。


過剰摂取に注意

以上の、食べ物は、
絶対口に入れては
いけない訳でなく、

取りすぎに注意しなければ
ならないと言うことです。

ただ、感染する可能性のある
「生」での食事
出来るだけ避けましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です