妊婦に必要な栄養素はこれ!!

you_dsc_0834_tp_v

「妊婦に必要な栄養
ちゃんと、摂ってる?」
って聞かれたけど
妊婦に必要な栄養素って
何があるの?

スポンサードリンク

葉酸

妊婦に必要な栄養素として
まず第1に挙げられるのが
葉酸です。
葉酸細胞を作るのに
大事な栄養素
胎児の脳の発育を助け
神経を作る働きがあります。

この葉酸が不足すると、
赤血球が、正常に作られなくなり
体が酸欠になってしまいます。

めまい
立ちくらみ
息切れ
頭痛

など貧血のような
症状があらわれます。

そして、胎児
「神経管閉鎖障害」
発症するリスクを与えます。

神経管閉鎖障害
脊髄先天性の異常が現れ、
何らかの障害が残ったり、
最悪、
死亡してしまうケースもあります。

葉酸が多く含まれる食物は
ほうれん草、ブロッコリーなどの
緑黄色野菜です。

サプリメントで摂取するのも、
よいと言われています。


ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と共に
赤血球をつくる働き
があります。

どちらが、欠けても
赤血球が正常に
作られません。

ビタミンB12を、多く含む食べ物は
あさり、赤貝、しじみ、海苔などです。


鉄分

鉄分血液をつくるのに
必要な栄養素です。

妊娠中鉄分胎児にとられる為、
妊婦は、鉄分の摂取が必要になります。

この鉄分不足すると
「妊婦貧血」とも言われる
「鉄欠乏性貧血」に陥ります。

動悸
息切れ
めまい
だるさ
などの
貧血の症状が現れます。

さらに胎児に十分な酸素
行き渡らなくなり
発育に影響を与えます。

通常の1.7倍摂ると
いいと言われています。

鉄分の多い食事は
赤身の肉やほうれん草などです。
a0002_012035

スポンサードリンク


ビタミンC

ビタミンCは、鉄分の吸収
効果的な役割を果たします。

また、皮膚骨、血管を丈夫にしたり
免疫力をアップさせます。

ビタミンCを多く摂れる
食べ物は
パプリカ、菜の花、
芽キャベツ、ブロッコリー

等です。


カルシウム

胎児の骨をつくるのに大事な
栄養素カルシウムです。

カルシウムが不足すると
母親の骨から胎児のカルシウム
補います。

カルシウムが不足すると
骨粗しょう症になる
リスクがあります。

通常の1.5倍のカルシウムが必要です。

カルシウムの多い食べ物は
乳製品、小魚、ワカメなどです。


亜鉛

亜鉛妊婦
必要な栄養素です。

胎児は、細胞分裂
繰り返して大きくなります。

亜鉛は、この細胞分裂を促進させ、
タンパク質を造る役割を
持っています。

亜鉛が不足すると
栄養不足により
低体重、低身長
赤ん坊になるリスクが増えます。

通常の
1.3倍の摂取が必要です。

亜鉛は、
牡蠣牛肉、豚肉
多く含まれています。


タンパク質

タンパク質胎児の体の形成
重要な栄養素です。

妊娠初期よりも、
後期にかけての方が
必要摂取量が増えます。

タンパク質
肉、魚、大豆などから
とれます。


ビタミンB6

ビタミンB6
タンパク質の合成に関与し
皮膚粘液を丈夫に
保つ働きが、あります。

また、妊娠中毒症やつわり予防にもなる
といわれています。

ビタミンB6を多く含む含む
食べ物は
ニンニク、まぐろ
などです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です