妊娠中の飲酒の影響は?

orewo0df22f435d982e017a466040488f2843_s

遂に待望の懐妊!!
妊娠しているとわかってからは、
飲酒は、避けてますが、
ほんのわずかな飲酒でも
影響が、あるのでしょうか?

スポンサードリンク

妊娠している時の飲酒の影響は?

妊婦は、胎盤を通して、
胎児必要な栄養
送ります。

この時、胎盤フィルターの役目もあり、
胎児有害なものは
遮断します。


ところが、アルコール
有害物として遮断されず、
そのまま胎児へ送られます。

つまり赤ん坊は、お母さんと一緒に
お酒を飲んでいる事になるのです。

未成年の飲酒を、法律禁止している
ことからもわかりますように
子供の飲酒には、悪い影響があります。

まして、まだ生まれてもいない
胎児です。
様々な悪影響が報告されています。

胎児性アルコール症候群とは?

妊婦の飲酒による
胎児への様々な悪影響
胎児性アルコール症候群
と言われます。

具体的には
未発達児未熟児、
低体重、
顔面を中心とする奇形 、
脳障害

などです。

胎児性アルコール症候群には
治療法はない
といわれています。

妊婦アルコール摂取量
その摂取頻度により、
生まれてくる子供の症状
軽度から重度に及びます。

water-290206_640

スポンサードリンク

どのくらいの量ならば、飲んでも大丈夫か?

日本産婦人科医会・
先天異常委員会委員
国立成育医療センター
 
医師発表では

一日アルコール摂取量
胎児への影響の関係は
・15ml 未満ならば、胎児への影響は少ない。
・90ml 以上になると奇形の発生が明らかに高くなる。
・120ml 以上は、胎児アルコール症候群発生率30~50%
とされています。


アルコール量15mlとは、
ワインならばグラス1杯、
日本酒は、コップ半分、
ビールは、350mlの缶1本分です。


どの時期の飲酒が、胎児へ悪影響を与える?

厚生労働省サイトには、
以下のように書かれています。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
胎児性アルコール症候群は、
同量のアルコール摂取量であっても
少量・長期間の飲酒よりも、
短期間であっても、
大量の飲酒が、発生のリスクが高く

また妊娠後期より初期のほうが
リスクが高いと考えられています。

しかし、成長障害脳の障害
妊娠中期から後期飲酒
影響しているとされており、

基本的には妊娠全期間を通して
何らかの影響が出る可能性があります。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

少量のアルコールなら大丈夫?

多くのデータによると
少量ならば、影響が少ないように思えます。

しかし、アルコール量胎児への影響
明確な基準はなく、
少ない量でも影響
起きる事が考えられます。


最近、米小児科学会
発表した報告書では
妊婦に対して
「アルコールは一切飲んではいけない。
たとえ少量であっても絶対にダメ」

と呼びかけられています。

報告書では、飲酒妊娠中のどの段階においても
安全とみなすことはできないと強調

生まれながらの障害
生後の認知問題筆頭原因として
アルコールを挙げ、
飲酒しなければ
こうした障害は
予防できるとしています。

米国小児科学会とは?

アメリカ合衆国における
小児科学分野の学会。

殆どのアメリカ人小児科医が
会員となっており

全ての乳幼児、青少年のために
最適な体や心の健康、
社会的な健全さ
幸福を実現することを
使命とする団体です。


まとめ

妊婦の飲酒胎児に与える
影響かなり危険なものです。

妊娠どの段階においても
少なからず悪影響を及ぼします。

少量ならばいいという意見と
少量も絶対ダメという意見が
ありますが、

ハッキリしたことは
言えない以上、
妊娠中の飲酒は控えるのが
賢明と言えます。



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です