禁酒の日!!由来と現在は?

kinshu-yoko

1月16日は禁酒の日と
聞きましたが、
なぜそんな日がるのですか?
この日は、酒を飲まない日でしょうか?

スポンサードリンク

禁酒の日の由来

禁酒の日の由来は、
1920年1月16日
アメリカ「禁酒法」
施行されたことによります。


禁酒法とは?

当時のアメリカは、プロテスタントの影響が
強かったと言われています。

プロテスタントには、
飲酒に対して厳しい意見を持つ
宗派があり、、
アメリカでは、アルコールに対し
強い批判がありました。

その為、20世紀初頭までに
18の州禁酒法実施されていました。

この禁酒運動が広がり
それまで18の州で実施されていた禁酒法が、

1920年1月16日
アメリカ全土において施行されました。

この禁酒法では
消費のためのアルコールの製造、販売、輸送
全面的禁止されています。

禁酒法の廃止

禁酒法は、アルコールの製造、販売と輸送は違法としましたが、
飲酒そのものは規制していなかったので

多くの米国人アルコール飲料を求めて
国境を超えることになりました。

そして、その中には
不法にアルコールを輸入してくる者も
現れました。

そして、この違法なアルコールの取引
ギャングの中で、活発になり
この禁酒法に絡む
犯罪増加しました。

すると、禁酒法に対する反感
次第に高まるようになりました。

そして、撤廃を望む意見が出るようになり、
1933年12月5日法律が廃止されました。


sake

スポンサードリンク


現在は?

現在は、禁酒法の名残りとして
1月16日に禁酒の日
設けられています。

しかし、禁酒の日だからと
いって、禁酒する人
あまりいません。

ただ、この日を
飲酒について見直す
よい機会にするという
動きはあります。


休肝日の設定

禁酒の日をきっかけに
飲酒について見直す事の
1つが
休肝日を設けるという事です。

厚生労働省からも「週に2日は休肝日を作りましょう」
という指針が発表されています。

休肝日とは、
肝臓を休める日です。

飲酒は、肝臓負担をかけますので
を飲まずに、肝臓を休める日を
休肝日と言っています。

飲酒量によって死亡率が変化することは、
厚生労働省の調査によって明らかですが

飲酒しない日「休肝日」を設けている人と、
まったく設けていない人との間での
死亡率の比較調査も行われています。

それによると
一週間当たり300~449g飲酒する人たちのうち、

休肝日あり(週1~2日)よりも、
休肝日なしのグループの総死亡率1.5倍高いです。

一週間当たり450g以上飲酒する人に至っては、
1.8倍も高くなったと言います。

禁酒の日をきっかけに
「休肝日」設定してみては
如何でしょうか。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です