いよいよ、引っ越し!梱包のコツは!?

%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%bf%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%bf%e7%84%a1%e6%96%993-300x199

引っ越しが決まった。
役所への届け出や、
ライフライン関係の手続きは
終わったけど、
荷物の梱包作業がなかなか進まない。
何かコツはある?

スポンサードリンク

まずは、いらない物を処分

引っ越しの荷造りをすると
あまりの量の多さ
うんざりしてしまうことが
ありますよね。

そこで、まず
いらない物を処分しましょう。

過去1年間使ったことのないものは
今後も使う可能性は低いと
考えられます。

新居での整理整頓のことも考えて
しっかり必要のないものを
見極めましょう。

ただし、いらない物は、
荷造りしていく段階で、
更に出てきますから、

荷造り前いらない物の処分は
第一段階の処分
位置づけるといいでしょう。

ここで、いらない物いる物
完全に分けなければならない
考えると、

迷って、作業がなかなか
進まなくなる可能性がでてきますので。


荷造りに必要な道具揃え

荷造りしようとしたら、
ガムテープがない。
→近くのコンビニへ買いに行く。
マジックインクが切れた。
→近くのコンビニへ買いに行く。
割れ物を入れるための
緩衝材がない。
→近くのコンビニへ買いに行く。

こんなことを繰り返していたら
なかなか作業が進みません。

必要な物は、事前に
準備しておきましょう。


引っ越しの荷造りに必要なものは?

荷造りをする際に必ず必要となる
ダンボールや、
布団袋
引っ越し業者が用意している場合が
ほとんどです。

自分で用意するものは
以下の物です。
〇軍手(梱包中に手を切るのを
     防いでくれます。)
〇カッター、はさみ
〇ガムテープ(できれば布のテープ)
〇新聞紙(緩衝材として使えます。)
〇セロハンテープ、ビニールテープ
 (配線をまとめる時などに使えます。)
〇油性フェルトペン
 (インクが切れたということのないよう
  新品を一つ用意しておきましょう。)
〇ビニール袋、輪ゴム
 (衣類や布類、液体が入った容器などを梱包する際に使います。 )

imageslc2gl3c4

スポンサードリンク

引っ越しの梱包のコツ

荷造りをする際のコツには
以下のようなものがあります。

1.使わない物から詰めていく
2.新居ですぐに使うものは別箱に入れる
3.箱の表に中身と重いか軽いかを記載する
4.箱の隙間には新聞紙等の緩衝材を詰める
5.割れ物は一つずつ新聞紙などで包む


1つ1つ見ていきましょう。


1.使わない物から詰めていく

引っ越し荷物の梱包といった作業は、
まず少しでもできることから
取り掛かる
ことが大事です。

引っ越しするまでには、
使うことのない物から
どんどん詰めていきましょう。


2.新居ですぐに使うものは別箱に入れる

これは、引っ越し後の生活で、
バタバタにならない為に
是非、実行すべきことです。

引っ越し後は、
荷物の片づけ、配置で、
大忙しです。

そんな時、すぐに必要なものだけでも
さっと取り出せる状態にしてあれば、
にも余裕ができ、

その後の片づけ
スムーズにできます。


3.箱の表に中身と重いか軽いかを記載する

箱の中身に何があるかを
外に表記しておくことで

引っ越し先
荷物を出して片づける時の
作業効率が劇的に上がります。

どの箱何が入っているか
わからない状態では、
片づけ作業を、行おうという
気持ちから、萎えてしまいます。

重いか軽いか記載しておくのは
トラックなどに
荷物を積み込む時に
重い物が上にくると
軽い箱がつぶれてしまうこともあるので

できるだけ、
重い物は下に
軽い物は上にしたい
所です。

重いか軽いか記載しておけば
この積み込みスムーズにできます。


4.箱の隙間には、
新聞紙等の緩衝材を詰める

段ボールに詰めた荷物
隙間があると、
荷物がぐらぐらと動き、
破損の恐れがでてきます。

面倒かも知れませんが
新聞紙等隙間を埋めておきましょう。


5.割れ物は一つずつ新聞紙などで包む

割れ物は、特に注意が必要です。
搬送の途中、急ブレーキを踏む
事態
がおきるかも知れません。

破損を防ぐためには
ひとつひとつ
新聞紙などで包むのが
いいと言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です