ケーキの日って何?由来は?

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad

ケーキの日があると聞きましたが
なぜ、そんな日があるのですか?
由来は、何?

スポンサードリンク

22日はショートケーキの日

割とよく知られているのは、
毎月22日は、ショートケーキの日
ということです。

その理由も、最近はだいぶ
知れ渡ってきました。
2017-calendar
カレンダーを見ると
どの月も
22日の上に必ず15日がきます。
15「いちご」と読めますね。

カレンダーで、
上に「15(いちご)」が乗っているから、
22日はショートケーキの日ということです。


ケーキの日は1月6日

ショートケーキの日22日でしたが
ケーキの日は、1月6日と言われています。

明治12年(1879年)1月6日
上野の凮月堂日本初のケーキ宣伝
したことに由来します。

凮月堂(ふうげつどう)は、
日本全国に展開している複数の洋菓子・和菓子メーカー
称する屋号です。

江戸時代中期大住喜右衛門
江戸で開いた和菓子店を起源とします。

明治時代以降大住家からののれん分けが行われ、
複数の会社がこの名を継承しています。

凮月堂の名前のついた店舗
全国に多数ありますが、

必ずしも創業家である大住家承認
得たのれん分けとは限らず、
関係のない店舗
凮月堂を名乗っている場合も多いようです。


images43ydobz1

6月6日はロールケーキの日

6月6日ロールケーキの日です。
由来は、
ケーキの断面6に見えることと
ロール「ろ」6にかけているからと
言われています。


images

スポンサードリンク

1月25日はホットケーキの日

1月25日は、ホットケーキの日です。

これは、なぜでしょう
語呂合わせではなさそうです。

日本最低気温観測されたのが
1月25日なので、

温かいケーキを食べて
温まろうということから、
1月25日ホットケーキの日となったようです。



美味しい
ケーキ店の見分け方

ケーキの日にちなんで
美味しいケーキの見分け方
見てましょう。


売れ筋商品に昔ながらのプリンがある。

プリンの味の
卵の味食感です。

ここがしっかりしている店は
ケーキも美味しいです。

「昔ながらの」というのは

最近は、滑らか系トロトロ
プリン主流になっていますが

昔ながらのプリン
卵のコシや風味
しっかり生かして作らないと

美味しいものには
なりません。

それができている
ケーキも美味しい
ということです。


定休日が連続で2日ある店はおいしい?

ケーキは仕込みに時間がかかる為
週1日の休みでは、実際に休養がとれません。

2日連続休みにしてはじめて
休養をとることが、できます。

洋菓子店は、レストランよりも
仕込みに時間がかかります。

前日に、やらなければいけないこと
たくさんあるので
週に1日しか休みがない
お店が休みでも、実際は休めないです。

2日続けての定休日があれば
1日仕込みに使っても
1日は、休めます。

クオリティ(質)を求めるのであれば、
休養も大事です。


キッシュが
売られている店は美味しい

ケーキ屋キッシュ
置いてあれば、
そこのケーキ屋は、生地
自信を持っているということです。

タルト焼き菓子
土台となる生地
うまく作れる店は、
どのケーキもおいしいです。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です