1月9日は風邪の日。風邪の予防法は?

a0002_007562

風邪の日があると、
最近知りました。
風邪の日ができた由来は
なんでしょうか?
風邪の日だから、風邪をひうこう
ってのもおかしいので、
風邪の予防をしようと思います。
風邪の予防には、何がいいですか?

スポンサードリンク

風邪の日の由来

1795(寛政7)年の1月9日
第四代横綱の、2代目谷風梶之助
流感(インフルエンザ)で、亡くなりました。

当時は、風邪インフルエンザ
区別がつきませんでしたから、

谷風が亡くなった1月9日風邪の日
言われるようになりました。

まだ45歳現役だった谷風は、
4年間全く負けず
1782年まで63連勝するという
大変な強い横綱でした。

「わしを土俵で倒すのは無理だから、
倒れている姿を見たければ
風邪をひいたときに来い」

と豪語したエピソードは有名です。



風邪とは

風邪の日ですから、
風邪について、考えてみたいと思います。

そもそも、風邪とは、
呼吸器系炎症症状の起こした時の
総称のことです。
「かぜ症候群」ともいわれます。

いろんな症状のもの
ひっくるめて風邪といいます。

特定のウィルスや菌
原因のものを
風邪というわけでは、ありません。

風邪の症状を引き起こす
ウィルス種類
かなりあります。

200を超えると言われています。


どうして風邪をひくの?

のどなどは
ウイルス細菌に侵入されないよう、

粘液異物を付着たり、
繊毛運動によって

ウイルス細菌
外に出そうとする
働きがあります。

しかし免疫力が下がり、
その働きが、弱くなると
ウイルス細菌体内
入り込んで
風邪をひいてしまいます。


a0001_017660

スポンサードリンク

風邪はどんな症状?

風邪をひくと、喉の炎症、発熱、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり
などの
症状が、あります。

これらの症状は、すべて
防御反応です。

発熱は、ウイルスをの繁殖
抑え、体の免疫機能を高めます。

また、ウイルスや細菌
戦うことにより
粘膜内部組織炎症が起こり、
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの
症状を引き起こします。



風邪の予防は?

では、風邪の予防
どうすればいいでしょうか?

ウイルス細菌
体内に入れないよう

衛生面に注意して、
こまめにうがい手洗いを
行う
ことが大切です。

また、適度な運動
バランスのよい食事
規則正しい生活で、

抵抗力をつけることか
大事です。

また、風邪
人から人へうつるものなので、
流行期には人ごみを避け

マスクの着用なども
有効です。


風邪の時の豆知識

「風邪をひいたら
お風呂に入ってはいけません」

と思っていませんか?

実はこの考え方
日本の昔の風呂の場合を
言われたもので、
現代に当てはまるものでは
ありません。

昔の風呂は、にありました。
しかも、隙間風が入り、寒いので
湯船をお湯を、かなり熱くしていました。

熱いお湯に浸かると
体力が消耗するうえ、

入浴後冷たい外気にさらされます。
これは、風邪によくありません。

しかし、現在
風呂家の中にあり、

お湯もそんなに熱く
しなくてもいいので、

風邪だから、風呂に入ってはいけない
ということは
当てはまりません。

入浴は、
血行をよくしたり、
喉を保温したり、
適度の発汗を促したり、
免疫機能を高める
のに
効果があるとも
言われています。

ただし、熱が38度以上高熱の方、
ひどい悪寒や全身の倦怠感がある方、
嘔吐やひどい下痢の方、
めまいや頭痛がつらい方は

入浴を控えましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です