玉の輿の日なんてあるの?どんな日?

a0006_001907

玉の輿の日が、あると聞いて
ビックリしたのですが
どんな日でしょうか?

スポンサードリンク

玉の輿の日の由来

1905年1月20日に、
アメリカの金融財閥モルガン商会
創立者の甥
ジョージ・モルガン
祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚しました。
お雪日本のシンデレラと言われ
大変な話題になりました。

このことから、
1月20日が玉の輿の日
制定されました。


お雪ってどんな人?生い立ちは?

お雪は、
京都の士族の家系に生まれました。

祇園で、お茶屋を経営するの縁で
14歳で京都祇園の芸妓となりました。

当時は、一般の店より格下とされていた
外人専用の店芸妓でした。

大変、歌舞に優れていたと
言われています。


ジョージ・モルガンとの馴れ初め

1901年(明治34年)、
当時30歳アメリカ人の富豪ジョージ・モルガンと出会い
プロポーズを受けました。
モルガン恋人と別れたばかりで
失意の旅行中であったと
言われます。

お雪には、当時の京都帝大
10歳年上川上俊介という恋人がいたので
断りましたが
モーガンは諦めず
その後、二度も日本を訪れました。

この騒動新聞に掲載されたために
お雪と川上は破局しました。

1904年(明治37年)1月20日
当時4万円という
莫大な身請け金によりモルガンに引き取られ、
横浜で結婚しました。

当時の4万円は、現在
4000万円以上価値
あると言われます。
(人によっては4億という人もあります。)

一説には、お雪は、諦めさせる為に
法外な身請け金を提示した所、
モーガンがそれをあっさりと
快諾したので
結婚に至ったとの
ことです。

結婚横浜領事館で行なわれ、
「日本のシンデレラ」と呼ばれ
大きな話題になりました。

%e3%81%8a%e9%9b%aa

スポンサードリンク

結婚後のお雪は?

その後、お雪は、夫のジョージ
アメリカに行きます。

しかし、排日法という法律により
アメリカへの帰化はできませんでした。

1905年(明治38年)、
とともに一時帰国し、
2年ほど日本で暮らした後、

フランスのパリに移り、
現地の社交界大評判
なりました。

お雪34歳のとき、
夫ジョージが、心臓麻痺
44歳の若さで、亡くなりました。

モルガン一族は、お雪遺産
渡るのを、反対しましたが

遺産相続をめぐる裁判に勝ち、
当時で60万ドルという
莫大資産を得ました。

ジョージの死から1年後
新しい恋人の陸軍士官
言語学者サンデュルフ・タンダール
フランスに移ります。

15年の同棲生活の後
タンダール心臓麻痺
亡くなります。

7年後
1938年(昭和13年)、
第二次世界大戦勃発を前に
お雪族の世話をするため
京都に帰ります。

第二次世界大戦がはじまり
アメリカとの戦いが始まると
モルガン家からの送金も途絶え、

モルガン家との遺産争いの過程
国籍はく奪されていたお雪

特高警察に目を着けられて、
軍政下財産を差し押さえられる
苦しい立場に追いやられました。

しかし、戦争が終わると
遺産相続権を回復しました。


お雪の晩年

その後、
71歳でキリスト教の洗礼を受け、
以後は、一カトリック信者として

京都市の小家
養女とともに静かな余生を送りました。

81歳急性肺炎で亡くなりました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です