新選組の日って本当はいつ!?

88461e2cdc65f935e442ec200ddea03c_s

新選組の日は2月27日と、友人が
言っていたのですが、
調べると3月13日が新選組の日と
ありました。
どちらが本当でしょうか?

スポンサードリンク

新選組の日は2つある?

実は、新選組の日
2月27日3月13日
2つあります。

それぞれに
由来があります。

2月27日新選組の日

2月27日
「新選組の日」とするのは、

新選組の前身である「壬生浪士組」が
1863(文久3)2月27日
結成されたという事に由来します。


3月13日新選組の日

3月13日「新選組の日」とするのは、
東京都日野市観光協会が制定したものです

1863(文久3)年の3月13日
京都・壬生に詰めていた新選組の前身「壬生浪士組」
「新選組」として正式に発足した事に
由来します。

e0ccd89394076639f220e3a62f277e09_s

スポンサードリンク

新選組とは?

新選組、庄内藩の清河八郎の提案により

将軍・徳川家茂の警備を
担当する者を広く募集した事に
はじまります。


しかし、清河八郎
天皇をたてて、幕府を倒そうという
考え
を隠し持っており
新選組天皇配下の兵に
しようと思っていました。

募集に対して
各地から200人位の浪士達が集まったのですが
清河八郎のたくらみが発覚すると
この話は、頓挫しました。

そして、浪士組は各地に帰る事となりました。

しかし、その中にいた幾人かが、
「将軍の警護という最初の目的を貫きたい」として、
京に残る事を主張します。

その「残る派」の中にいたのが、
天然理心流・試衛館という道場を開いていた
近藤勇とその門下生たち。
土方歳三、沖田総司などでした。


50人余りの集団となって、
京都・壬生村の八木邸前川邸を屯所とした彼らは
「壬生浪士組」と名乗り、

文久三年八月の政変で長州藩を退去させた
京都守護職・松平容保から、
尊皇派の不逞行為の取り締まり
任される事になります。

ここに正式に「新選組」となります。


元治元年(1864年)6月に起きた
「池田屋騒動」が有名です。

挽回を企んでいた尊皇攘夷派の志士たちが
密会をしていた池田屋に斬り込み、
彼らの再起を防いだのです。

この事で、一気に新選組は有名になり
隊士の人数150人にの膨れ上がります。

京の町で、将軍の警護の名の元
大手を振って歩き
怪しいと思われる人物に容赦ない彼らに

京の町民は恐れ、
反感を持つ人も少なくありませんでした。

そんな新選組ですが
幕府の衰えと共に
衰えてゆきます。

幕府が政権を放棄し
明治新政府に移る頃には、
新選組も終焉を間近に控えます。

鳥羽伏見の戦いでは、
大打撃を受けた幕府ともに
新選組も大打撃を受けます。

その後の戊辰戦争で
新選組は降伏し、
その終わりを告げました。


新選組の評価

昭和の始め頃までは、
京の町を暴れまわった殺し集団
マイナスのイメージが多かったようです。

しかし、戦後になって、小説や映画・ドラマなどで描かれるうち、
「滅び行く幕府に忠誠を貫いた誠のヒーロー」として
定着しつつあります。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です