ビスケットの日なんてあるの?どんな日?

cookies-1209750_640

私は、ビスケットが大好きですが、
ビスケットの日が、あると聞いて興味津々です。
ビスケットの日とは、どんな日でしょうか?

スポンサードリンク

ビスケットの日の由来

2月28日ビスケットの日です。
全国ビスケット協会によって
定められました。

2月28日になったのには、
2つの理由があります。

1つ目は、よくある語呂合わせです。
ビスケットラテン語
「2度焼かれたもの」という意味があります。
2度2やかれたものや(8)をとって
2月28日となりました。

また、歴史的背景では
日本で一番古い
ビスケットの製法を書かれた書物は
水戸藩の医者が、
水戸藩宛てに送った手紙でした。

この医者長崎に留学中に
オランダ人から
ビスケットの製法を学びました。

この手紙が送られた日が
2月28日ということから
2月28日
ビスケットの日となりました。


ビスケット豆知識

ビスケットクッキーの違いが
わからないという人は
結構多いようです。

アメリカでは、
日本で言うビスケットクッキー
クッキーと呼びます。

イギリスでは、
どちらもビスケットと呼びます。


日本では、
糖分脂肪分全体の40%以上のものを
クッキーといい、
それ以下のものを
ビスケットという規約があります。

ちなみに糖分というのは
栄養学上で専門的に定義された言葉ではなく
いわゆる「甘いもの全般」を指す総称です。

脂肪分も明確に定義された言葉ではなく
他の栄養素との比較で、
脂肪の割合を指す言葉です。

糖分、脂肪分が、多ければ
私達は、甘くておいしいと感じます。


クッキービスケットの区別を
決めた当時は、クッキーの方が
高級品と、されていました。

クッキーの方が、高級品だから
糖分、脂肪分が多くて
あまくておいしい方を
クッキーと言おうとなったのです。


cookies-1387797_640

スポンサードリンク

クッキーとビスケットは
どちらがカロリーが高い?

一昔前は、
糖分、脂肪分が多く、
甘くて美味しものが、
高級品と言えたかも知れません。

しかし、今は
健康志向
盛んな時代です。

カロリー高いものより
低いものを好む人が増えています。

クッキービスケット
カロリーを比較すると、
クッキーは
100g換算で427kcal

ビスケットは
100g換算で361kcalです。

糖分、脂肪分の少ない
ビスケットの方が
低カロリーの
健康食品
に近いと言えます。



ビスケットは栄養豊富?

ビスケットは、
糖分、脂肪分の少ない分
その他の
様々な栄養素を含んでいます。

•ナトリウム
•糖質
•リン
•カリウム
•カルシウムモリブデン
•ビタミンB1
などが
ビスケットに多く含まれている
栄養分です。


ビスケットは、すごい?

栄養が豊富なビスケット
乾燥食品なので、保存性も高いです。

そのため本来は、
軍隊用・航海用
保存食として利用されていました。



スポンサードリンク











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です