耳の日とは?どんな日か知りたい!!

bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_s

耳の日があると聞いて
興味深々なのですが、
耳の日って何ですか?

スポンサードリンク

耳の人とは?

耳の日は、日本耳鼻咽喉科学会の提案により、
昭和31年に制定されました。

3月3日を耳の人しましたが、
それには、4つの理由があります。


耳の形から?

3という字、耳の形に見えませんか?
漫画で耳を描く時など、
3と描く人もあるのでないでしょうか。

3が耳の形に似ているということから
3月3日が耳の日と決められました。


語呂合わせ?

記念日によくある語呂合わせから
3月3日が耳の日になりました。

説明するまでもないですが
「み(3)み(3)」ということです。


ヘレンケラーにまつわる日だから?

耳の日は、耳の不自由な人々に対する
社会的な関心を盛り上げるため
という目的ももっています。

耳の不自由な人で、思い出す有名人は
様々あるでしょうが、
その1人がヘレンケラーです。

ヘレンケラーは、耳が聞こえないばかりか
目も見えず、話すこともできませんでした。

そんな彼女が
そのハンデを克服し、著述家・社会事業家として
障害をもつ人々の救済のために
大きな影響をもつようになれたのは、

アン・サリヴァンが言葉を教えたから
と言われています。

3月3日は、
ヘレン・ケラーにアン・サリヴァンが指導を始めた日です。


電話の発明も関係?

電話の発明者グラハム・ベルの誕生日も
3月3日です。

d9e7c878ed84bc67676996bb3676ce55_s

スポンサードリンク

耳は、どうやって音を感じるの?

耳の日にちなんで、
耳から音を感じる仕組みについて
説明します。

まず音というのは、
空気の振動によってできています。

その空気の振動を集めるのが
耳たぶです。
集められた空気の振動が
耳の中にある鼓膜を震わせます。

この鼓膜の震えが
いろいろ伝わって

耳の奥の奥の方にある蝸牛で
電気信号に代わり

それが脳に伝えられて
音と認識します。


耳の役目は音を聞くことだけ?

耳の役目は、
音を聞くことだけではありません。

平衡感覚を保つという
大事な役目もあります。

人が平衡感覚を保つことができるのは、
耳にある
三半規管や前庭感覚器のおかげです。

三半規管や前庭感覚器の中は
リンパ液で満たされています。

体が傾くとこのリンパ液が揺れて
三半規管の根元にある有毛細胞が刺激され、
傾いている方向を感知するという
仕組みになっています。


鼓膜は敗れても平気?

大きな声を耳元で発せられると
「鼓膜が破れるだろう!!」と
文句を言うことはありませんか?

実は、鼓膜は、気付かないうちに
時々破れているのです。

しかし、気付かないうちに
修復もされているのです。

ですから、鼓膜が破れるということは
そんなに大げさなことでも
ないのです。


難聴になるのは?

耳が大きな音を聞くと、
一時的な難聴になります。

しかし、程なくして、聴力は戻ります。

しかし、長時間、大きな音を聞き続けると、
聴力は戻らないです。。
「大きな音」は、85デシベルぐらいが目安です。

一時的な難聴は「一時的閾値移動」で、
2~3時間で治ることもあるが、
数日間続くこともあります。

しかし、長時間、大きな音を
聞き続けると
耳の内部が破傷し、
永久に難聴になってしまいます。

ここで言う難聴は
耳が聞こえないということでなく
小さな音が聞こえにくくなるということです。

イヤフォンで大音量の
音楽を聴き続けると
難聴になる恐れがあるので、
要注意です。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です