陸軍記念日 って何?

59b6b14c15c81c65f13785ed6a41bb6f_s

3月10日が陸軍記念日と
聞きましたが、
なぜ軍隊のない日本に
そんな記念日があるのでしょうか?

スポンサードリンク

陸軍記念日とは?

陸軍記念日は、世界各国で設けられています。
各国とも,建軍の日
あるいは国運をかけた戦いに勝利した日
国民の祝日として各種行事を行う例が多いです。

日本では,3月10日を陸軍記念日としていました。

しかし、日本の陸軍記念日は1946年に廃止になっています。

ですから、現在の日本
陸軍記念日はありません。


陸軍記念日の由来

かつてあった日本の陸軍記念日の由来
1905年3月10日に、
日露戦争の奉天会戦大日本帝国陸軍が勝利し、
奉天(現在の瀋陽)を占領して奉天城に入城したことに
よります。

第二次世界大戦での
1945年3月10日東京大空襲は、
この陸軍記念日を狙って実施されたという説があります。

当時の日本で、この記念日
アメリカの大規模な攻撃があるとの噂が流布しており、
この噂が後になって事実であるかのように
出回ったことから、
この説が定着しました。


e2b22ba32eae35f7e538809c75306aae_s

スポンサードリンク

奉天会戦とは?

奉天は現在の
中華人民共和国遼寧省の瀋陽です。

日露戦争では、
この奉天
日本陸軍24万人、ロシア帝国軍36万人の双方あわせて
60万に及ぶ将兵18日間に亘って満州の荒野で激闘を繰り広げ、
世界史上でも希に見る大規模な会戦となりました。

指揮官は日本側は大山巌でした。
しかし、実質的には参謀長の
児玉源太郎が指揮をとった
と言われています。

ロシア側はアレクセイ・クロパトキン
指揮の元、戦った言われています。

このアレクセイ・クロパトキン日本軍
過大評価しすぎたのが、
日本の勝利の一因であったといわれます。

この戦い日本は辛勝し
この後、日露戦争の全体の決着
日本の勝利になりました。

奉天会戦における日本軍の死傷者数は約7万人
ロシア側の死傷者数は(捕虜を合わせて)約8万人
その他に、戦場周辺で暮らしていた民間人も犠牲となった
悲惨な戦いでした。


なぜこの記念日はなくなったのか?

第2次世界大戦に敗れた日本
戦前の軍国主義の様々なものが
廃止されました。

その1つとして
この陸軍記念日
廃止されました。

そもそも、日本軍隊自体がなくなりました。

今、日本にあるのは、
自衛隊で、軍隊とは違います。

軍隊としての陸軍がないのに
記念日だけがあるというのもおかしな話です。

記念日がないのは、
当然と言えるかも知れません。

逆に、この記念日が復活するようなことがあれば、
日本が再び、軍国主義に陥り始めている兆候として
注意しなければ、ならないことでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です