ランドセルの日 って何?

4538fe5255a29af9195e24968d0f3512_s

ランドセルの日があると聞きましたが
どんな日でしょうか?

スポンサードリンク

ランドセルの日の由来

ランドセルの日
ランドセルショップの「スキップ」
提唱しました。

この「スキップ」はランドセルショップといっても
ランドセルをミニサイズに加工する店です。

なぜ3月21日かというと
3+2+1が、小学校の修業年数の6になることから
です。


ランドセルの歴史

ランドセルの日にちなんで
ランドセルの歴史をみてみましょう。

ランドセルの歴史
軍隊から始まります。

江戸時代末期から明治の初期にかけて
軍隊西洋式の様々なもの
取り入れられました。

その時に
背中に様々なものを入れて背負う袋
取り入れられました。

これをオランダ語
ランセルと言いました。
これががなまって、
ランドセルになりました。


ランドセルが現代の形になったのは?

軍隊に取り入れられた当初は
現代のナップサックのような形でした。

それが、明治20年に、
皇太子嘉仁親王が学習院に入学したのを記念に、
伊藤博文が皇太子に贈ったランドセル
箱形のものでした。

そこから、現在のような
箱型のランドセルになりました。



032d6994306d7f2f1ca0f5df87f15dff_s

スポンサードリンク

ランドセルの人気のカラーは?

昔は、ランドセルと言えば
男は、女はと決まっていました。

しかし、現在は色とりどりの
ランドセルが店内に並んでいます。

某大手ショッピングセンターでは
24色のカラーランドセルが置いています。
人気なのは、
男の子用は
1、ブラック
2、ネイビー
3、マリンブルー


女の子用は
1、ローズピンク
2、ピーチ
3、チェリーピンク

です。


ランドセルの素材は?

現在のランドセルの素材
クラリーノ等の人口皮革
牛革です。

天然皮革のものは、値段も高いですし
「高級品」とされていますが
重いので
体力のない小学1年生には
きついものがあります。

軽い人工皮革のものの方が、
使用する子供にとっては
ありがたいでしょう。


格安ランドセルの注意点

ランドセルと言えば高級品という
イメージがありますが、最近は
1万円前後のランドセルもあります。  

なぜ安いかと言えば、
〇安価な素材を使っている。
〇作りを簡単にしている。

この2点です。

現在は安価で丈夫な素材もありますから
大事に使えば、
6年間使えるでしょうが

子供が扱うものですから
大事に大事にという訳にはいきません。

よくある不具合としては、
金具部分が壊れてしまう(錠前、背カンなど)
型崩れしやすい(サイド部分、取り出し口のフチなど)
表面の劣化が早い(色落ちする、加工が剥がれるなど)

などです。

そして、格安と一般的なものの違いは
修理保証があるかどうかです。

耐久性に自信のあるブランド製品なら、
6年間の無料修理保証
付いているランドセルが一般的です。

格安ランドセルには
このような保障はないものがほとんどです。

こういったリスクを踏まえて
ランドセルを選ぶといいでしょう。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です