ビットコインの仕組みをわかりやすく解説!!

スポンサードリンク

今、資産構築には、
金やプラチナなどの
貴金属と
ビットコインが
いいと聞いたのですが、
ビットコインとは、
何でしょうか?

スポンサードリンク

 

ビットコインとは?


ビットコインは、
『インターネット上に存在する仮想通貨』
です。

仮想通貨とは、
『通貨』を想定した存在ということです。

ビットコインが使えますよ。」
という店では、

通貨と同じように、
ビットコインを支払って、
物やサービスを購入できます。

そして、このビットコインの価値は
ずっと上がり続けています。

スポンサードリンク

ビットコインの仕組みを知るには?

ビットコインの仕組みを知るには
貨幣の仕組みを知ると
わかりやすいでしょう。


貨幣の仕組み

私達が普段つかっている貨幣
1万円札や千円札は、
物質的に言えばただの紙です。

しかし、この
相当の物品、サービスと交換可能なのは
「信用」があるからです。

1万円札には
1万円分の品物やサービスに交換できる
価値があるという

共通認識があるから、
貨幣が貨幣として機能しているのです。

そして、
その貨幣の価値
円なら、日本政府が
ドルなら、アメリカ政府が
通貨発行責任者として
支えているから
貨幣制度は成り立っています。


ビットコインの仕組み

ところがこの
ビットコインは、
この発行責任者がいません。


発行責任者がいないのに
ビットコインは、
多くの人の信用を勝ち取り
その価値をどんどん上げています。

なぜ、発行責任者がいないのに
価値が上がり続けているか?

それは、ビットコイン
特定の誰かに管理されたものではなく、

複数のIT技術をもったプログラマー
管理し、価値や正当性
保証しあっているからです。

特定の誰か
管理していないという所が
ビットコインの最大の魅力です。

歴史が示すように
政府といっても、決して信用できる
存在では、ありません。

特に現在の、
資本主義が広がった社会では

一部の圧倒的な資本を持つ者
政府の意向すら左右すると言われています。

そんな中にあって
政府発行の通貨
本当に信用できるのか
という人が増えています。

その為、ビットコインは、
政府を信用しない人々、
あるいは、資産構築の一部に取り入れようとする人々によって
受け入れられてきました。

更に、このビットコイン
管理の仕組みが革新的で、

不正が極めて困難なことも
ビットコインが信用される
大きな要因です。

そして、
政府の意向で、いくらでも増やせる通貨と違い
ビットコイン
2100万ビットコインがMAXと決まっています。

発行責任者を持たず
発行量が定められている。

ビットコイン
さながら、金や銀などの鉱物ように
貨幣よりも
使用できると考える人々が増えてきました。

長く人類の歴史を支えてきた
貨幣制度
大きな転換期を迎えさせるぐらいの
可能性を秘めたのが

ビットコインと言えるのでは
ないでしょうか。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です