電気記念日 って何?電気が初めてつけられた日じゃないの?

電気記念日があると
聴きましたが、
電気記念日とは
どんな日でしょうか?

スポンサードリンク

電気記念日の由来は?

3月25日電気記念日です。
日本電気協会によって制定されました。

なぜその日かと言うと
日本で、初めて電灯が点灯されたのが
3月25日だからです。

初めて電灯が点灯したと言っても、
外国から持って来たものを、試しにつけたとか
実験で、少しつけたなどという事は、

いつが、初めてだったか、
ハッキリしませんので、

公の場初めて電灯が
点灯された日

です。

1878年(明治11年)3月25日
明治政府の
電信中央局の開局祝賀会の場において、
デュボスク式アーク灯を点灯しました。

デュボスク式アーク灯とは、
1855年フランスの
デュボスク(Duboscq)

によって発明された
アーク灯です。

アーク灯は、
費用のかかる電池を使用します。

その上
寿命が短い、
起動 装置及び電極の調整が必要、
電極の交換が煩わしい、


そして光が強すぎて
しかも紫外線を出すので
一般的にあまり
好まれませんでした。


白熱灯の登場

アーク灯に代わる
実用的な電気を求めて

世界中の科学者
研究を重ねました。

そして
1879年
アメリカでエジソン
白熱電灯を実用化することに
成功しました。

その6年後1885年
日本初の白熱電灯
東京銀行集会所開業式
点灯されました。

そして2年後の
1887年(明治20年)
3月25日から日本において
家庭用の配電が始まりました。


実は、3月25日は二重の意味を持つ

このように、日本で初めて
電灯が点灯された日同様

家庭用の配電が始まった日
3月25日でした。

3月25日電気記念日
選ばれた原因の一つと言われています。


スポンサードリンク

日本電気協会とは?

電気記念日を制定した
日本電気協会とは、
どんな団体でしょう。

それを、知るには
明治時代まで遡ります。

明治時代に帝国議事堂の火災が
ありました。

原因漏電です。

電気事業
始まったばかりの頃でした。

このことは
電気事業を推進する人達
大変重く受け止められました。

そこで
明治25年4月
電気事業の順調な発達を
期するため
日本電気協会の前身
「日本電燈協会」が発足しました。


明治28年5月、電燈協会は、
「日本電気協会」と改称しました。
 
その後
電気事業の経営規模
著しく拡大しました。

大正10年10月には、旧日本電気協会(東京)、
大阪の電気協会
九州の電気協会
が統合し
社団法人「電気協会」が設立されました。
 
昭和に入り、
日本発送電株式会社の設立と共に、

電力国家管理の時代に移り、
会名を社団法人「大日本電気会」
と改めました。

その後、再び、会名を
社団法人「日本電気協会」と改め、
新時代への再スタートを切りました。

産業活動が次第に活発になるにつれて
電力が益々、重要になり
日本電気協会「電力は国の宝」運動を
実施しました。

そして、電気事業の拡大、多様化
推進に加えて

電気事業が当面する諸問題について
解決への成案を得るため、

各種委員会を構成、
広範囲な活動を展開しています。


さらに、、
地球規模の環境・エネルギー問題
原子力発電の推進への協力など、

電気事業に役立つ業務活動に
取り組んでいるのが
日本電気協会です。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です