妊娠後期の腹痛は怖い!?ほっといたらどうなる?

妊娠後期は気が緩みがち?

妊娠後期と言えば、
つわりのひどかった妊娠前期
つわりがおさまり、少し楽になる
妊娠安定期を経た後です。

安定期に入り、
少しほっとした後に
腹痛が来ると、
どうしたんだろうと思いながらも

ちょっと様子を見ようと
病院に行かず、
自己判断をしてしまいがちです。

しかし、それでいいのでしょうか?
妊娠後期の注意点を調べてみました。


スポンサードリンク

妊娠中の腹痛の注意点

妊娠中に腹痛は、つきものです。
人によって強弱はありますが、
腹痛は避けて通れません。

ただし、あまり痛みが激しいもの
異常を知らせるサインですから
病院にいきましょう。

痛みの症状大したことないのか
深刻なのか

自分で、わからない場合は、
とりあえず病院に行くという姿勢
大事です。



妊娠後期の腹痛の原因

妊娠後期の腹痛の原因
様々です。

子供お腹の中で大きくなりますから
それにより様々な痛みが、引き起こされます。

子宮が、大きくなりることによる
痛みがあります。

子宮は、妊娠前くらいの大きさと言われますが
それが妊娠後期には、スイカぐらいの大きさになります。

そうすると
子宮を支える円靭帯やその周りの皮膚
痛みが生じます。

この痛みは、どうしても避けられないものでしょう。

また。子宮が大きくなることにより
胃腸が圧迫されます。

そうすると胃もたれ消化不良などを引き起こし
それにより腹痛が起きます。

腸の圧迫は、便秘、下痢の原因になり
これにより腹痛を引き起こします



スポンサードリンク

胎動による痛み

実は、お腹の中の赤ちゃんの動きが活発で
腹痛を感じるということもあります。

内側から、蹴られるような痛み
お腹が張る痛みなどです。

このような痛みは
赤ちゃんが元気だからこその痛みです。


ストレスによる痛み

ストレスを抱えると腹痛になると
言われます。

妊婦のストレス
子宮に届き

子宮の筋肉が固くなり、
お腹が張った状態になります。

これにより腹痛を感じます。

何か、ストレス解消になるものを
見つけることが大事です。



過度の運動によるストレス

運動をしすぎたり
仕事を過度にすると

体が疲れて、
キューッという感じにお腹全体が固くなって、

一瞬、立ち止まるほどの痛み
感じるときもあります。

適度な運動は必要ですが
過度な運動は禁物です。


前駆陣痛(ぜんくじんつう)

前駆陣痛という子宮の収縮によっても
腹痛は引き起こされます。

生理痛のような痛みを下腹部に感じます。

出産に向けて
子宮の入り口を柔らかくするために
子宮を収縮させるのですが
この時、痛みが生じます。

陣痛と間違いやすいみですが
陣痛と違って、間隔が不規則で、
次第に収まっていくのが特徴です


陣痛

最後は陣痛です。
出産のため、
赤ちゃんを押し出そうと子宮が収縮することによって
起こる腹痛が陣痛です。

前駆陣痛と違って、
痛みが徐々に強くなり、
その間隔も、徐々に短くなっていきます。

これらの様々な痛みを経て
いよいよ、出産となります。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です