マフィアの日って何?物騒すぎる記念日!!

3月30日はマフィアの日

3月30日は、マフィアの日です。
何とも物騒な記念日です。


まさか、この日は、マフィアが集まって
パーティーをする日だとか、

マフィアの活動が、
活発になるとか、
そういう日でないことを祈りながら

気になったので、マフィアの日
マフィアについて、調べてみました。


スポンサードリンク

マフィアの日の由来

マフィアの日由来を調べてみると
1282年まで、遡ります。

1282年の3月30日
「シチリアの晩鐘事件」というものが、
起こりました。
この事件が、マフィアの日の由来に
なったようですが、どんな事件でしょう?

まずシチリアというのは
シチリア島のことです。

シチリア島は、イタリア半島の
西南の地中海に位置する島です。

シチリア島は、当時
フランス国王の叔父、シャルル・ダンジュー
支配下にありました。

1282年の3月30日
復活祭の翌日の月曜日でした。
晩祷の為に教会の前には、
市民が集まっていました。

そこへフランス兵の一団
ズカズカとやってきて、
その土地の女性に手を出そうとしたんです。

しかし、その女性には、がいました。
そして、その女性の夫は、なんと、
いきなりその兵士を刺してしまいました。

それをきっかけに暴動が起きます。
その場に居合わせたほかの市民

フランス兵に襲いかかり
兵士の一団を全員殺してしまったんです。

フランスに支配されて、
うっぷんがたまっていたのでしょう。

そのとき晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、
「シチリアの晩鐘事件」と呼ばれるようになったのです。

しかも、
この叛乱は全島に拡大し、
フランス人は見つかり次第に殺されてしまいました。
その数は4000人以上に及んだと言われます。

この叛乱には合言葉がありました。

「Morte alla Francia Italia anela」
(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)
というものです。

この合言葉をよく見て下さい。
各単語の頭文字を並べると
「マフィア(mafia)」となるんです。

これがマフィアの名前の由来とも
言われます。

この「シチリアの晩鐘事件」が
起こったのが
3月30日だから、

3月30日がマフィアの日となりました。


スポンサードリンク

マフィアとは?

マフィアの日にちなんで
マフィアとは、いったい何か
調べてみました。

イタリアの暴力団かな?
くらいの知識しかありませんでしたが
だいたい合っていました。


マフィアは、イタリア
シチリア島を起源とする組織犯罪集団です。

前述した
「シチリアの晩鐘事件」がきっかけで
この犯罪集団が登場しました。

その後、恐喝や暴力により
勢力を拡大してしまったんです。

1990年代には
約4000人いたと言われます。

マフィアは、
イタリアだけにいるのでは
ありません。

マフィアの一部
19世紀末より20世紀初頭にアメリカ合衆国に移民し
アメリカで勢力を伸ばしています。

もともとマフィアは、これらの
イタリア、アメリカ
犯罪集団

指しますが
組織犯罪集団は、
とりあえずマフィアと呼んでおこうという
感じで

他の地域の犯罪集団
マフィアと呼ぶこともあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です