あんぱんの日は、4月4日?なんでそうなるの?

あんぱんの日はいつ?

あんぱんの日というものがあります。

どんな日も、記念日にしてしまう昨今ですから
日本の菓子パンの代表とも言える
あんぱんの日があるのは、頷けます。

しかし、こういった記念日
語呂合わせによって日にち
決められるものが、多いです。

あんぱんだから、
「あん」→「わん」→「1」
「ぱん」→「ぱち」→「8」で

1月8日が妥当と思いきや
なんと、4月4日です。

それならば、
あんぱんができた日
4月4日かな?と
思っていると、
そうでもないらしいです。

では、なぜ、4月4日?

ということで、
あんぱんの日の由来を調べてみました。


スポンサードリンク

あんぱんの日の由来

あんぱんと言えば、
木村屋總本店のあんぱんが有名です。

その木村屋の初代となる木村安兵衛
パン屋を開店したのは、
明治2年(1869年)です。
歴史がありますね。

そして、その5年後
明治7年(1874年)あんぱん
木村屋の店舗に並ぶようになりました。

もちろん、ひとつの店に
あんぱんが並んだからといって
あんぱんが有名になるわけでは
ありません。

あんぱん世間大衆に広まる
きっかけがあったのです。

幕末から明治にかけての
政治家、思想家として有名な
山岡鉄舟が、

木村屋のあんぱんを見つけ、
その美味しさに驚愕しました。

「これは、是非、天皇に。」
と思い、
明治8年(1875)4月4日
あんぱん明治天皇に出しました。
これが、あんぱんの日の由来です。

この時、
明治天皇にあんぱんを
とても気に入られたことから
あんぱんが世に
広まることになりました。

考えてみれば
あんぱんが出来上がった日というのは、
試行錯誤の上に一応の形になり
そこから、改良に改良を重ねたものでしょうから
ハッキリしないし、

初めて店頭に並べられた日と言っても
たくさんの商品の1つと考えれば
それが記録に残っているとも
考えにくいです。

そうなれば、天皇に出すという
大きな出来事が、
記念日になるのも
わかる気はします。

スポンサードリンク

あんぱんの魅力は?

冒頭にも書きましたが
菓子パンの代表格と言えば
あんぱんです。

数えきれないくらいの
菓子パンがある現代においても
あんぱんだけは、別格です。

なぜあんぱんにここまでの
魅力があるのでしょうか?

ご承知のように
あんぱんは、
あんこパンで出来ています。

あん日本古来の和菓子の材料。
パン西洋から入ってきた
食べ物です。

ですから、あんぱん
和洋折衷の食べ物ですね。

自然界においても
種類の違う混血の生き物の方が、
生き残る力が強いと言われます。

和と洋が合わさり
長い年月を生き残ってきた
あんぱん
やはり特別のパンと言えるのでは、
ないでしょうか。


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です