ヘアカットの日!?何の記念日なのこれは??

ヘアカットの日とは?

まあ、世の中には、
いろいろな記念日がありますが、
ヘアカットの日というものが
あるのをご存じでしょうか?

4月5日がヘアカットの日です。

1872(明治5)年の4月5日に、
東京府が女子の断髪禁止令を公布しました。

これに反対した女性たちが、
この日をヘアカットの日にしました。

「断髪禁止令って何?」
「髪を切るなってこと?」
「なぜ髪を切ってはいけないの?」
「なぜ断髪禁止令を出された日が
ヘアカットの日になるの?」


いろいろと
疑問が湧いてきたので
調べてみました。

スポンサードリンク

ヘアカットの日の由来

江戸時代まで、
日本の武士は、ちょんまげを結い
刀を腰にさしていました。
の姿ですね。

しかし、明治に入り、
その姿に変化が現れました。

1871年に散髪、脱刀が許可されたのです。
つまり、ちょんまげを切り
刀を持ち歩かないでもいいよ。
ということです。

しかし、男性は、慣れ親しんだ
ちょんまげを切ることができない人が
大半でした。

その一方で女性
好んで散髪するようになったのです。
やはり、流行に敏感なのは
いつの時代も女性ということでしょうか。


ところが、
東京府が、
「男性に限って許可した断髪を
女性が真似てはならない」
とする禁止令を発布した
のです。

女性の権利
まくしたてられる
現代なら、大問題になるでしょうが
当時は、この法令が通ったのですね。


断髪禁止令はなぜ出た?

なぜこのような
法令が出たのでしょうか?

当時の新聞などを
見ると

要するに
「日本の女性らしくない」ということのようです。

この時代の日本の女性の髪
長い髪を丸く結い飾りを刺すものです。

髪を洗うこともなかなかできない
結うのも大変というものでした。

しかし、この髪型を
古来通り大人しく
しているのが女性のあるべき姿という
主張です。

現代なら、袋だたきに合うような意見ですね

当然、当時も
これに反発する人々がでてきました。

日本髪は洗髪回数が少なく不潔で、
結うのに時間がかかり、
床屋代も馬鹿にならない
不便なものでした。


そこで、この女性の髪型に自由をという
人々が
婦人束髪会を結成し、
婦人結髪改良の提唱を始めました。

この婦人束髪会を始めたのは
女性ではなく
二人の男性だったと
言われます。


具体的には、新しい髪形(束髪)の例として、
上げ髪、下げ髪、英吉利結び、
まがれい
との四種類の束髪を手本に掲げ、
図解した錦絵も発行されました。。

これは 新聞、雑誌に支持され、
たちまちのうちに「束髪」は全国に広まりました。

この髪形は、
旧来の不便で窮屈しかも手間が掛かる
日本髪に悩んでいた女性の共感を呼び、
爆発的に広がっていきました。

それは旧習に決別し、
新しい時代に生き始めた女性の証しでもありました。


このような運動のきっかけになったのが
1872(明治5)年の4月5日に、
東京府が出した女子の断髪禁止令でしたから
4月5日がヘアカットの日となりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です