花まつり !!その由来と知られざるエピソード

花まつりとは?

4月8日の花まつりをご存じでしょうか。

幼稚園保育園
花まつりの行事を行うところも
多いですね。

あと、全国各地の寺でも
花まつりの行事があります。

花まつりは、お釈迦様の
生まれた日をお祝いして行われる行事です。


スポンサードリンク

お釈迦様が生まれた日が花まつりの日?

今から、2600年前
インドで活躍なされたお釈迦様

4月8日に生まれられました。

お釈迦様のお父さんは、浄飯王
お母さんは、マーヤー夫人と言われ
カピラ城という城を持つ
王様夫妻でした。

マーヤー夫人が、懐妊し、
出産の為、里帰りしようとしたのですが
その途中で、産気づき

里帰りの途中
生まれたのがお釈迦様でした。

その生まれた場所が、ルンビニー園という
きれいな花園であったことから

お釈迦様の誕生のお祝いの行事を
花まつりというようになりました。



お釈迦様誕生後のエピソード

お釈迦様の生まれた時の
エピソードには、
深い深い意味があります。

お釈迦様が生まれてすぐに
東西南北に7歩ずつ歩かれて

両方の手の人差し指で
天と地を指さされ

天上天下 唯我独尊と言われたという
話です。

生まれたばかリの赤ん坊
歩いたり、
言葉を話したり
ということは、
ちょっと考えられないことです。

実際にあったことというよりも、
お釈迦様の教え
表す話として
伝えられてきました。

この教えられたことが
大切なことです。



7歩の訳

まず東西南北7歩歩かれたというのは
どういうことでしょう。

仏教では、苦しみの世界
六道とか六界と言います。

お釈迦様7歩歩いたというのは
6+1歩ということで

苦しみの世界(六界)から
一歩踏み出るという意味が
あります。

苦しみから抜け出す方法
教えたのが仏教ということです。

そして天上天下 唯我独尊と言われました。
昔の 暴走族
特攻服の後ろにこの言葉を
書いていることがありますね。

この言葉は大変、誤解されている言葉です。

[天の上にも天の下にも
唯、我独りが尊い]
という意味に
思っている人が多いです。

しかし、実際はそういう意味では
ありません。。

天上天下は、
多くの人が思っているように
天の上にも天の下にもということです。

大宇宙を表します。

問題は、唯我独尊
と言うことです。
経典を見ればわかるのですが

お釈迦様は、自分のことを言われる時は
という言葉は使われず
という言葉を使っています。

この「我」はお釈迦様一人のことを
言われたのでなく、

我々人間のことを
言われたものです。

大宇宙で、人間だけが尊い使命
持って生まれてきた
ということです。

この尊い使命が、何かを
仏教で教えられています。

お釈迦様の教えられた仏教とは
私達がはたすべき
尊い使命を教えられたものです。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です